三菱パジェロ ファイナルエディション!37年のランの終わりを示します

三菱パジェロは、自動車メーカーは、8月にモデルを中止する計画を発表しているように、日本の道路の終わりに達しました。

SUVとその37年間のランニングを祝うために、三菱はたった700台に限定される最終版を提供するでしょう。

Pajero ExceedをベースにしたFinal Editionは、サンルーフやルーフレールなどの標準装備を追加しています。顧客はまた、リアスポイラー、スペアタイヤカバー、パジェロバッジ付きのマッドフラップを追加したファイナルエディションアクセサリーパッケージを注文することができます。

内部には、モデルはパワーフロントシート、革張りと照らされた「最終版」敷居板を備えています。

出力は、187馬力(140 kW / 190 PS)および325 lb-ft(441 Nm)のトルクを発生する3.2リットル4気筒ディーゼルエンジンから供給されます。5速オートマチックトランスミッションとロッキングリアディファレンシャル付き4輪駆動システムに接続されています。

価格は、8%の消費税を含む4,530,600円(40,512米ドル/ 31,305ポンド/ 36,217ユーロ)で始まります。購入者はまた、市民から特別なステッカーと三菱ブランドの時計を受け取るでしょう。

パジェロが日本で去っている間、三菱はパジェロとパジェロスポーツが他の市場で売られ続けるであろうと言いました。私達は明確化のために英国三菱に連絡を取り、会社はすでに将軍の輸入を止めて在庫に残っているモデルはわずかしかないと言われました。

Pajero / Shogunは、オーストラリアや中東を含むほんの一握りの市場で生産され続けるでしょう。しかし、英国の三菱は「それは今のところ、それについて具体的な期限はない」と述べた。同社はまた「直接の交換は現在計画されていない」と述べた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です