ダイハツ 新型 タント/タント・カスタム フルモデルチェンジ最新情報!新機能・安全装備・日本発売日。。。!

いよいよ7月にダイハツ「タント/タント・カスタム」がフルモデルチェンジ!

ダイハツの軽トールワゴン「タント/タント・カスタム」が、7月にフルモデルチェンジを果たすということで、ちょうどいつもお世話になっているダイハツディーラさんにて点検を依頼していたこともあり、ついでに新型に関する情報もチェックしてきました。


既にダイハツディーラさんでは、新型「タント/タント・カスタム」に関する電子資料が配布されているとのことだったので、ある程度の確認はできました。


今回はまだ一部しかお伝えできませんが、追加機能やグレード一覧、ボディカラー、安全装備内容、燃費、そして発表・発売日、予約日を公開していきたいと思います。

新型「タント/タント・カスタム」の追加機能を見てみよう

今回の新型モデルでは、様々な機能が追加され、より安全性を高めた一台となっています。
その中でも、室内空間の充実化を図るために、現行「タント」では不可能だった助手席を完全に後ろまで倒すフルフラットシートが対応となりました。
これにより、長尺モノを積載したり、車中泊が可能となります。

二つ目は、運転席が後席シートまで移動する「ロングスライドシート」が新しく標準装備され、車内から降りなくとも、「運転席から後席へと移動する」が可能になります。
もちろん、その際にはシフトノブがパーキング”P”レンジに入っていないと作動できませんが、パワーウィンドウ付近と、シートバックにロングスライドシートボタンが設けられているので、このボタンを押すだけで簡単に後ろにスライドすることが可能になります。

三つ目は、運転席と助手席にUSBポートが設けられ、携帯電話やオーディオなどの充電が可能になります。但し、このUSBポートはエントリーグレードには設定されず、助手席側のUSBポートはメーカオプションになっているのでご注意を。

最後は、エアバッグ関係。
先日発表されたばかりの三菱・新型「eKクロス(eK X)」のように、サイドエアバックとカーテンエアバックが全車標準装備されます。
これは、どの軽自動車でも今後標準装備されているとのことなので、今回のフルモデルチェンジのタイミングにて標準化してくれるのはうれしいですね。

新型「タント/タント・カスタム」の安全装備はこうなっている

新型モデルでは、現在の安全装備(スマートアシストⅢ)に加えて、更に8つの安全装備が追加された「次世代スマートアシスト」が設定されます。
以下にその装備内容を記載しますが、そのほとんどが標準装備となります。

【新型「タント/タント・カスタム」安全装備一覧】
・衝突警報機能(対車両・対歩行者)/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)
・車線逸脱警報機能
・誤発進抑制制御機能(前方・後方)
・先行車発進お知らせ機能
・オートハイビーム
・[NEW]車線逸脱抑制機能(LKC)
・[NEW]アダプティブハイビームシステム
・[NEW]標識認識機能(進入禁止)
・[NEW]ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)
・[NEW]アダプティブクルーズコントロール全車速追従機能付(ACC)
・[NEW]サイドビューライト
・[NEW]スマートパノラマパーキングアシスト
・[NEW]前車追従ステアリング制御

この中で最も注目したいのが、スマートパノラマパーキングアシストで、駐車場にて自動で駐車してくれる便利な機能(日産等でも採用しているパーキングアシスト)となっています。これは軽自動車としては初の安全機能となるようです。

新型「タント/タント・カスタム」のグレードはこうなっている

新型のグレードについてですが、スタンダードの「カスタム」とスポーティなデザインの「タント・カスタム」それぞれ大きく3グレードに分けられています。
各モデルの最上位グレードとなる「ターボX/カスタムRS」はターボエンジンを搭載し、それ以外は自然吸気エンジンを搭載しています。
なお、いずれのグレードも2WD/4WDが設定可能となっています。

新型「タント/タント・カスタム」のグレード別一覧は以下の通り。

【新型「タント/タント・カスタム」グレード一覧】
[タント]
・エントリーグレード”L”(スマートアシスト非装着)[2WD/4WD]
・エントリーグレード”L”[2WD/4WD]
・中間グレード”X”[2WD/4WD]
・上位グレード”ターボX”[2WD/4WD]

[タント・カスタム]
・エントリーグレード”カスタムL”[2WD/4WD]
・中間グレード”カスタムX”[2WD/4WD]
・上位グレード”カスタムRS”[2WD/4WD]

新型「タント/タント・カスタム」のボディカラーはこうなっている

今回、新色が多く追加ラインナップされています。
スタンダードの「タント」はモノトーンが全9色、2トーンが全4種類となっていて、スポーツタイプの「タント・カスタム」はモノトーンが全7色、2トーンが全3種類となっています。
ちなみに、2トーンカラーのほうは、モノトーンに比べて販売時期が2か月ほど遅れるそうなので、消費税10%となる10月までの納車には確実に間に合わないとのことです。

【新型「タント/タント・カスタム」ボディカラー一覧】
[タント/モノトーン]
・[NEW]アイスグリーン
・[NEW]マスタードイエローマイカメタリック
・[NEW]レーザーブルークリスタルシャイン
・[NEW]シャイニングホワイトパール
・[NEW]パールブラック
・[NEW]ブルーミングピンクメタリック
・ブラックマイカ
・ブライトシルバーメタリック
・ホワイト

[タント/2トーン]
・[ルーフ]アイスグリーン/[ボディ]パールホワイト
・[ルーフ]ホワイト/[ボディ]ブルーミングピンクメタリック
・[ルーフ]ホワイト/[ボディ]レーザーブルークリスタルシャイン
・[ルーフ]ホワイト/[ボディ]ファイアークォーツレッドメタリック

[タント・カスタム/モノトーン]
・[NEW]マスタードイエローマイカメタリック
・[NEW]シャイニングホワイトパール
・ファイアークォーツレッドメタリック
・レーザーブルークリスタルシャイン
・プラムブラウンクリスタルマイカ
・ブライトシルバーメタリック
・ブラックマイカ

[タント・カスタム/2トーン]
・[ルーフ]ブラック/[ボディ]ホワイトパール
・[ルーフ]ブラック/[ボディ]レーザーブルークリスタルシャイン
・[ルーフ]ブラック/[ボディ]ファイアークォーツレッドメタリック

参考までにですが、新型「タント」の標準インテリアがライトグレーのファブリックシートを採用し、エアコンのフレーム周りにはライトグリーンが設定されます。
一方の新型「タント・カスタム」では、ブラックのファブリックシートを採用し、エアコンのフレーム周りにはダークブルーが設定されます。

新型「タント/タント・カスタム」の燃費

新型モデルでは、大きく自然吸気エンジンとターボエンジンの2種類がラインナップされますが、ハイブリッドモデルは販売されません。
また、車体重量も少し重くなっていることから、燃費も若干悪くなっています。
参考までに、グレード別のJC08モードの燃費と、より現実的なWLTCモードの燃費をまとめていますので、チェックしてみてください。

【新型「タント/タントカスタム」グレード別燃費(JC08モード/WLTCモード)】
[タント2WD]
・エントリーグレード”L”(スマートアシスト非装着):27.2km/L / 21.2km/L
・エントリーグレード”L”:27.2km/L / 21.2km/L
・中間グレード”X”:27.2km/L / 21.2km/L
・上位グレード”ターボX”:25.2km/L / 20.0km/L

[タント4WD]
・エントリーグレード”L”(スマートアシスト非装着):25.4km/L / 20.4km/L
・エントリーグレード”L”:25.4km/L / 20.4km/L
・中間グレード”X”:25.4km/L / 20.4km/L
・上位グレード”ターボX”:23.8km/L / 18.8km/L

[タント・カスタム2WD]
・エントリーグレード”カスタムL”:27.2km/L / 21.2km/L
・中間グレード”カスタムX”:27.2km/L / 21.2km/L
・上位グレード”カスタムRS”:25.2km/L / 20.0km/L

[タント・カスタム4WD]
・エントリーグレード”カスタムL”:25.4km/L / 20.4km/L
・中間グレード”カスタムX”:25.4km/L / 20.4km/L
・上位グレード”カスタムRS”:23.8km/L / 18.8km/L

最後にちょっとした追加情報も!

その他の情報としては、ナビゲーションディスプレイが最大9インチ設定可能となっていて、スマートパノラマパーキングとの連携が可能となっています。こちらについてはメーカオプションになっているため、そこまでのサイズは不要という方には、7~8インチのナビゲーションディスプレイもラインナップしているそうです。
そして、何とメーカオプションにて12.8インチ後席モニターを天井に設定することも可能になっています。HDMI端子接続も付いているので、タブレットでの映像を流したりすることも可能です。

その他には、ディーラオプションにてテーマ「プレミアム/プレミアムPLUS/スポーツ/エアロスタイリッシュ/カジュアル」を設けたカスタマイズセットも販売されているようで、単体のパーツを購入するよりもセットで購入した方が安くなるようです。

新型「タント/タント・カスタム」日本発売日

今回のフルモデルチェンジにて、4代目を迎える新型「タント/タント・カスタム」ですが、発表・発売は2019年7月9日(火)、先行予約は2019年5月20日(月)からとなっています。

そのため、価格が明確になるのは、先行予約がスタートする5月20日からということで、それまではわからないとのことです。

今回お伝えできることはここまでですが、近日中にはグレード別の装備内容等も公開していきたいと思いますので、新型「タント/タント・カスタム」を検討されている方は要チェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です